FC2ブログ

inオーストラリア part9

【part8】まではこちら


とりあえず私はお店に出勤し、
グルーマーとしての仕事を与えられ、
一日を必死に過ごしました。

それから数週間、
呼ばれれば出勤し、
お店が暇ならお休み。

そんな生活を送りました。

『今日はありがとう。
じゃあ、また連絡するから!』

とか、

『Harumi!明日○○時に来てね!』

とか、

『次は何曜日に来てね!』

とか・・・

私は呼ばれたら行くと言う生活が数週間続き、
もしかして、
新しい人が決まるまでの繋ぎなのかもしれない。
いつ、もう来なくていいよと言われるかもしれない。

という不安を常に抱えたまま、
とにかく悪い印象を与えないように、
失敗しないようにと思いながら働きました。


そうしているうちにパースは段々暖かくなってきました。
凍える思いをした冬を乗り越え、
春を迎え、
そして暑い暑い夏がやってくるのです。

気温が上がるのと比例して、
お店にやってくる犬はどんどん増えて行きました。

毎日朝から夕方まで沢山の犬が連れられて来るのです。


私の出勤は次第に週5日ペースになり、
その頃にはもう、
いつクビになるかもしれないと言う不安はありませんでした。


次の月曜日につづく・・・(続きはこちらから)
スポンサーサイト

コメント

微妙ですが・・・

雇われの身では、微妙ですが。

自分のお店を持った今では、

今日は、お客様は、来てもらえるのか・・
今日来たお客様は、次もきてくれるのか・・

その経験は、精神的にとても
役に立っているのだと思います。

あんの主人さん

こんにちは。いつもありがとうございます。

色々経験した事が、
必ず何かの形で役に立っているものですね。
その時は気がつかない事も、
今は分かるような気がします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)